ども、スシルです。

今日はYPPの教材について色々お伝えしたい事があり記事にしてみました^^

 

 

こちらですね。

 

レビューはここをクリック

 

 

 

 

YPPを簡単にまとめると・・・

 

・情報分野のジャンルのビジネス

 

・原価0 在庫0であり利益率100%

 

・売る商品が用意されている

 

・作業開始から収益までが早い(最短5日)

 

実践者の三ヶ月後の平均月収が15万

 

 

まぁ・・、魅力的ですよね^^

 

 

具体的なビジネスモデルを教えてほしい。質問が殺到

 

 

YPP教材がリリースされ、多少時間が経過しましたが

数ヶ月経過しても質問は絶えません。

 

その質問のほとんどはYPPのビジネスモデルの質問です。

 

前も少し嫌がらせを受けたのですが・・・・

メルマガで完全に公開していますので、ぜひ参考にしてださいw

(もちろんYPPとはなんの関係のない方の嫌がらせです)

登録後メールが配信されますので、その中にビジネスモデルを公開しています

 

 

 

成功者の6割が初心者である事実

 

のサイトから教材を購入する方は大きく分けて2タイプの方々です。

 

 

・全くの初心者であり、ネットビジネス自体が未経験

 

・ネットビジネスに興味があり、過去に数種類の教材を購入したが成果はイマイチ

その中でもYPP実践者の6割は【初心者】が成果をあげているようですが

購入率も初心者がほとんどなので、そのような結果なのでしょう。

 

これは持論なのですが

”初心者だから成果が出やすい”などの結論ではなく

簡単な作業では成果を出せないと考えている方がつまずいている印象です。

 

要するに、行動すればなんとななる と考えて動く方から

成果をあげて平均で月収15万以上を稼ぎ出しています

 

 

 

YPPの何につまずくのか?

 

成果を出せない方も一定数います。

 

その方のサポートから見えてきた事実ではこの事があげられます

ほぼマインドの部分なのですが・・・

 

 

 

YPPで成果を出せない人の特徴・ネットビジネスで10万を稼ぐには相当なキツイ思いの向こう側にあると信じている

 

・毎日5分でもいいので作業時間を確保していない

 

・人の目線や評価を利益に直結するとても重要な項目と考えている

 

・教材を購入して安心している。

 

 

僕の意識ですが、ネットで10万を稼ぐ労力は例えれば

スマホのフリック入力をスムーズに打てるくらいの難易度だと思っています。

 

人それぞれ覚え方とやり方が存在します

やはりやってみる事でしか成果を実感する事はできないんですよね。

 

ましてや、人の目線を意識している方

お金を生み出す思考ではなく、人に嫌われない思考である為

ほぼ確実に合理的に生産的な作業は不可能です。

 

購入して満足なんて・・論外です。

 

 

最短で成果を出す その為に。

 

YPPのメリットとして・誰もが同じスタートラインからスタートできる教材である事

 

・コツコツした作業やサイト作成のような先の見えない作業がない

 

・お金になる、お金にならない の結果がいち早く解る為 次の手をすぐ打てる

 

・少しでもお金になれば、それがほぼ不老で報酬が入る

 

 

僕が知り得るビジネスモデルの中ではもっとも収入が早いのも特徴ですが

これは作業次第となるのでなんとも・・・

 

さっきも言ったように、簡単な努力を効率的にすれば

10万単位の報酬はそこまで難しくないのです。

 

アフィリエイトのように、記事を量産してデザインを決めて

アプローチをかけて行動しまく・・・なんてモデルではなく

 

1つの商品が売れるか売れないか

 

ただ、これを見ているだけで答えは明確にでますよ^^

 

なのでYPPのもっとも大きな特徴として・・・

 

 

POINT

      売れれば、そのまま

      売れなければ即改良

 

 

実にシンプルですので、利益が発生しない・・なんで?

なんて状態になっても、僕としても答えが出しやすいんですよね

 

なので報酬が発生しやすく作業も単純であり

すべて用意された状態の教材なので限りなくやる事が少ない訳です

 

サポートはかなり丁寧に行っておりますので

まずは、手軽に初めてみてください。

 

僕の特典を使えば難しくないはずです^^

 

 

 

 

こちらの記事ではYPPについてもう少し突っ込んだ内容の記事にしています。

 

購入待て。佐川陽介YPPのビジネスモデルを暴露。

 

 

 

 

 

楽に稼ぐ事だけ考えている僕の本音でメルマガ